先人たちから受け継がれる歴史

大正十年、初代「北庄司貞造」が酒造業を創業して以来、戦時中の企業合同により泉州一帯の酒造家が合併した「泉酒造有限会社」時代を経て、昭和26年に二代目「北庄司芳文」が「有限会社北庄司酒造店」を設立。平成四年より「北庄司貞久」が三代目を継承しました。大正十年の創業以来、今日まで三代に渡り、先人達の知恵と工夫の結晶であり文化でもある日本酒の製造に携わらせて頂いてきた歴史から、時代や生活様式の変化の中で、その折々好まれ流行った味もありましたが、北庄司酒造では「純粋で綺麗な味わいのお酒」をモットーに、変わる事のない理想の日本酒として歩んで参りました。

 

 

 

自然豊かな土壌、日根野

泉佐野市は背後に和泉山脈、そして静かな内海をひかえ、古代から九州・瀬戸内沿岸と畿内を結ぶ交通の要路とし
て開け、“茅渟の国(ちぬのくに)”と称されて独自の生活圏を構成してきました。肥沃な土壌と自然の湧水に恵まれ豊かな農耕の地で、稲作技術が向上した平安時代には“日根(野)荘”が営まれるようになります。その歴史と伝統は近世まで受け継がれ、良質の米を産出する米どころとして知られていました。和泉山系の清水、豊かな土壌、泉佐野の酒造りは江戸時代から始まりました。